fc2ブログ

クラシックミニで時速100マイル! DHR Garage DOGHOUSE【公式】ブログ

クラッシックミニ用オリジナルパーツの紹介からHPの日常更新記事として発信しています。

先ず、サーモスタットから交換しませんか

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

>先週末から気温も初夏並に上がって、やや遅れていた桜もあっという間に満開を過ぎてしまいました。

暑くて窓を閉めて運転しているとエアコン掛けたくなるくらい日差しで車内も暑くなりますね。


普段の足は日本車ですが、気温25℃にもなると、信号待ちなどで電動ファンが回る時があります。国産車は薄いラジエーターをグリル裏に置いてありますが、昔、以前に比べてほんとに容量の小さな薄いものになってます。真鍮製のラジエーターなんて使っていた時代があったのかと思うほど。初期のアルミ製よりさらに薄くなってます。おまけに新車から7〜10年はラジエータークーラントの交換が不要です。 基本構造が70年前とほぼ同じミニの様な元々が寒冷地生まれの車は、今の日本では、そのままのラジエーターだと、乗車人数が増えただけで、負荷に対して水温が上がりやすくなります。
軽トラとか、たくさん荷物を積んだ時もそういう現象が起きます。

たまにSNSでミニに乗って家族四人長距離移動された話が出てきますが、かなりのチャレンジャーwwと言っていいでしょう。

ここまで読むと弊社製のラジエーターの広告にリードされると思われるかもしれませんが、そうではなくてww

インジェクションエンジンのミニは90年代の乗用車がそうであったように適正温度が80度台後半になっています。純正サーモスタット設定が88度。そこから水温が上がると、構造上ちょっと厳しくなります。具体的にはサーモスタットがマメに閉じたり開いたりしてくれたら問題ないんですが、開き方、閉じ方が中途半端になったり、開きっぱなし、閉じっぱなしになって、閉じたままだと真夏なら水温計がグングン上がってしまいます。

サーモスタットは比較的安い部品ですし、ガスケットも高水温にさらされてる為、経年劣化します。そこから増し締めすると紙製のパッキンはつぶれて一部が抜けてしまい水漏れにつながります。120円くらいですから2枚でもたかが知れてるのでサーモスタットと一緒に交換します。サーモスタットの品質を疑って掛かる方は、サーモスタットにやかんで沸かしたお湯をかけてサーモスタットが開くか確かめてください。このジャンルに高品質とか強化とかは関係ありません。ビーカーに水を入れて針金で吊るしたサーモスタットをアルコールランプで加熱するイメージが湧いたあなた、昭和ですww

本当は、サーモスタットハウジングも交換した方が良いんです。20年以上経って、パッキンとの接触面が腐食で崩壊して接地面が平らなまま維持されていないものが多くなっています。

ですが、残念なことに現在ミニにお乗りのユーザーは整備に消極的な方が多くて、買った車は整備されて納められてるから必要ない!と90年代までのミニオーナーとは異なり、あまりミニを大切に扱いません。そのあたりは海外のミニユーザーに近い感じがします。

というわけで、売れなさそうだから作れないんですww ウチで作れば安く作れるんですが、それでも考えてしまう方が少なくない感じなので。ほんとはハウジングを留めるステンレス製ボルトも、作る予定があったのですが、やっぱりストップしています。


ラジエーターの話に戻すと、
ある程度古くなってくると、ラジエーターはサビや汚れで見えない部分が詰まってきます。これは使用期間にもよりますが、ラジエーター自体を外して逆流洗浄をするとかしないと、中の通りは改善されないだろうし、もし汚れが取れたら、そこから水漏れする可能性がままあります。
車の実用性を左右する部分でもありますから、ここはケチらずにラジエーター交換してください。
車輌購入時に大丈夫でも、それはかなり控えめな試乗だったからOKと言うだけで、真夏だと、こんなに頻繁に電動ファンが回るけど大丈夫?と、初めてミニオーナーになった人なら思うはずです。
ラジエーター液は品質も良くなっています。そして、希釈も概ね50:50と、昔に比べて濃厚が標準です。何らかの理由でラジエーター液を足す場合も水だけで済まさないように。エンジン内部の水路が錆びてしまいます。
そうなるとブログでも過去紹介してるような"サンポール洗浄"とか荒技をやる事になります。

いまだに真鍮製のラジエーターを勧める店は、取り付けが簡単なのと、売価と仕入れの差が大きいからそうするだけで、正直腹グロなだけです。スペアーズ製の廉価版は完全に寒冷地用のコアがスカスカタイプなので、日本の気候には合いません。





Garage DOGHOUSE ガレージドックハウス

〒931-8321 富山県富山市犬島4-4-3
TEL 076-437-5125 FAX 076-437-9521
e-mail 
info@garage-dhr.com
url http://www.garage-dhr.com

スポンサーサイト



  1. 2024/04/16(火) 09:22:20|
  2. インジェクションエンジン

12インチのノーマルブレーキキャリパーは絶対に寿命が来ています。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

普段から、オーナー自身でエンジンオイルの量をチェック!これはオートマだったら絶対。

ラジエーターキャップも月に一度は開いて冷却水量をチェック!

ボンネットをあけてブレーキマスターのオイル量が下がっていないか見てください。

少しでも下がっていれば、何処かから漏れています。

これだけでも大きな故障を未然に回避できます。

クラッチマスターのタンクも樹脂製のオイル量が分かるタイプが良いのはそのためです。

このお客様は、そういったアドバイスを実践していただいているので、怪しいなと思って漏れを見つけました。

ミニは毎日通勤にお使いで、ミニで通勤なんだ?と思われるかもしれませんが、セカンドカーはとてもじゃないけど通勤で会社の駐車場に停めておくには高級すぎる!?車なので、その辺のバランスが浮いてるかも(笑)

指摘されたのは片方のキャリパーからの漏れです。

昨年車検の際には何ともなかったのですが、約一年を経て漏れが出始めました。

IMG_5710.jpg

ピストンシールが飛び出しています。


IMG_5711.jpg

パットを外すとこんな感じ。

IMG_5712.jpg

もう片方もシールが浮いて、すでに漏れていました。

正常ならブレーキダストも吹き飛ばされますが、漏れてるとオイルと絡んでピストン周囲を余計に汚しますし、その汚れでパットの減りが早くなります。オートマだとブレーキを踏む回数がマニュアルよりずっと多いので減るのは早いですね。

IMG_5713.jpg

ピストンが出たり入ったりしてるうちに外側の2重になってるシールの耳がよれてしまうのは経年劣化です。

この症状だけでなく、ブレーキがやや片効きの感じになってきたもの気づかれた要因ですが

車検でお預かりしたミニのブレーキ検査で左右制動差が出てるものはたくさん走っています。

これは感覚云々ではなくて、テスターの数値に出てしまうので、踏み始めから制動差があって、強く踏み込むと何とか差が縮まるのは軽傷ですが、よろしくないです。

以前はお客様が制動差を感じない場合は何とか車検を通すケースもありましたが、今だと検査機械の感度が良いので立ち上がりの制動差もペケが出ちゃうでしょうね。

というわけで、左右キャリパーのシールとピストンを交換させていただきました。

どんなミニも20年以上経ったブレーキは無傷ではないはずですから、ピストンとシール両方を交換してください。特にピストンはステンレス製になってますから、先ざき露出部分が錆びてシールを傷つける事がなくなりますよ。
  1. 2024/04/09(火) 11:16:14|
  2. ミニの整備

楽しくて、ためにならないブログ((笑))

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

今日のブログは写真無しのブログですww

何故かというと、私はまだ何もしていないからです(笑)

昨日8日の富山市、日曜ほどではありませんが、暖かくて、国道沿いの気温を表示する電光掲示板は18℃。

空いた国道を65キロ前後で流れに任せて走っていたのですが、信号で止まると、電動ファンが回る音がします(驚)それもブーンじゃなくてガラガラ〜(笑)

ダブルでマズイ感じです。

純正品ラジエーターが付いてます。電動ファンも新車時からのもの。水温計は真ん中を指したまま。

このミニに関しては、それ以外の状態も走行距離がかなりなので、クラッチやエンジンに関してもかなり消耗している為、一旦トラブルが出れば大きな出費は避けられないだろう状況です。

こんな時に対応は二つあって、ひとつは説明して修理を強く勧めること。もう一つは、説明して、修理の判断はお客様に任せる、この二つです。昔と違って乗用車の状態に対する判断は「そうそう壊れないもの」との思いから、やや鈍感です。

その反対に、些細な音やフィーリングなどに大丈夫か神経質に尋ねてくる方も少なからずいます。そういうお客様を満足させるためには総額で新型ミニが買えるほどの金額になります。

経済的な理由で修理を伸ばすなら、トラブルが起きた時点で、降りるか直すか二択になりますが、直す場合も現時点で直すより重症になります。オーバーヒートを水の補充で先延ばしにするのはヘッドにもブロックにも重篤なダメージにつながります。

ウォーターポンプからの漏れもオーバーヒートの原因になります。そもそもなぜウォーターポンプから漏れたかが問題ですからね。

直したいなと思うんですが、ミニの修理や車検の費用に関しては、かなり価格に上下があります。

今の時代、購入時の車輛価格が高額な、立派な乗用車はたくさん走っています。そういうクルマは必死に毎月のローンを払えば、それ以外の出費はそうそうないんですが、ミニのようにコンディションを保つなら購入時の整備がされていても車検以外に修理費が掛かるのは避けられません。

もちろん交換された部品が数カ月でダメになるケースは稀です。多くは納車時にまだ大丈夫だった部品が納車後にダメになる、ただそれだけの話です。

150万払ったのに、200万払ったのに、という話を聞きますが、車輛価格を引いて、塗装に費用を掛けた、そういう場合は、整備に回される費用はごく限られています。

一時期、SNSに明細を上げて、どう思いますか?的投稿がありましたが、今ではそういうSNSグループはDIYスクラップ車の承認欲求だらけになって、ロムる(意味わかりますか?)だけのほとんどのグループ登録者と、一部の高齢者投稿好きが承認欲求、それもシケた内容に驚きますが、いいね が欲しくて投稿するなら他ジャンルだと高価な物や費用が掛かる経験を投稿するけど、ミニの場合はその正反対側みたいな投稿だらけです。

楽しみ方は人それぞれ、を負け惜しみみたいに言うのは傍から見れば痛々しいものです。SNSで繋がる、など危険極まりない。

ミニのショップに集まるお客さん同士が仲良くなって、みたいなケースはすごく減ってる。

故障の話に戻りますが、そういう話もお店のお客さん同士の情報交換で判断するのは良いことだと思います。

一番最悪なのは、SNSで無責任なコメントを信じる事です。コメントする人の多くが故障で周囲に迷惑かけてるようなトラブルメーカーが少なくありません。そういう人たちの投稿やコメントは周囲を不安にさせるだけです。

今年は本格的なコロナ明け2年目の、日常を取り返す年でもあります。

ミニの大きなイベントも開催されますし、ミニに乗り始めて間もない方には楽しみが多い一年です。

きっと今年も6月半ばからは30度に迫る暑い日が始まると思います。

そういう時は、

スクリーンショット 2024-04-09 085709

弊社DHR2024年バージョンTシャツを着て、厄払い、じゃなくて暑気払いしてサマーシーズンを楽しみましょう。

サイズ設定や、お客様にプレゼントできる条件など出来上がり次第のご案内になります。

え~、だったらまだ買い物しなきゃよかった~というお客様はご心配なく。3月にさかのぼって適用しますので。

大体お付き合いの長い長いお客様は、そこらへんは心配されていないとは思いますが。

今回はヘヴィーウエイト生地で、カラーはアイビーグリーンに黄色い文字、左肩にもデザインが入ります。


今日のブログは写真無し、と言いながらちゃっかり最後に出てくる

だから、楽しくて、ためにならないブログ((笑))なんですって。
  1. 2024/04/09(火) 09:28:25|
  2. 冷却系の話題

これはさすがに無理なレベル!

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

ミニの車検整備で、お預かりする際にお客様から何処か気になる部分がありますか?とヒヤリングします。

お客様が気にならない気づいていない範囲で、安全性に問題ない個所や後に大きな出費につながるような兆候がない個所はスルーします。

車検時だから安く上がるわけでもなく、不具合が出た時点で連絡いただければOKと伝えておきます。

で、今回車検でチェックした車両は・・・、

IMG_5691.jpg

ブレーキホースに亀裂が。

新車時からのホースでしょうから、交換します。ただし今回、運転席側なので助手席側より厄介です。

助手席側は写真のようにサービスホールが開いています。

IMG_5693.jpg

ところがこの車輛には助手席にも謎の穴が(あれ?)

たぶんクラッチの押し込み調節のために開けた穴みたいですが、何かズレてるんですよね(笑)

IMG_5692.jpg

なので、運転席側のブレーキホースを交換するためのサービスホールを開けます。

IMG_5695.jpg


助手席側みたいに無駄なく開けたかったのですが、既に開いてる部分を考慮して、四隅をホルソーで抜いて、四辺をきれいに切って抜きます。

IMG_5698.jpg

この狭いスペースから手を入れて作業する為、開口部の鉄板は内外共にサンドペーパーを掛けて切り口を丸くしておかないと手の怪我をします。

この窓から左右フロントブレーキにつながるプロポーショニングバルブから来るラインを外して、出来るだけフルードの流出を防ぎます。

IMG_5700.jpg

IMG_5701.jpg

あらかじめ写真のようなシリコンホースの切れ端にボルトで栓をしたものを用意しておきます。

IMG_5702.jpg

プロポーショニングバルブから来るラインを外して、すぐに用意したシリコンチューブをかぶせれば、この後の作業中はフルードが漏れません。ホースに写真のような分岐をバンジョーボルトで留めている部分が見えますね。ホースを交換した後、再びこの分岐に先ほど外しておいたものをねじ込むのですが、プロポーショニングバルブと繋がっているため、分岐部分のネジ山に取り付けるのは難しい作業です。頭だけ入れてスパナでねじ込んでも奥まで入って行きません。ブレーキラインのこの部分は手である程度回して取り付けるのが基本で、手で回らない。イコールねじ山に斜め噛みしてる事になります。

なので、そういうことを想定して、あらかじめブレーキマスタのマスターバックだけマウントステーごと外しておきます。マスターはそのままエンジンルームに残すのでマスターのエア抜きから行う必要はありません。

IMG_5699.jpg

ECUにぶつかって外せないわけではありません、だましだまし外します。

その時に、ブレーキマスタをマスターバックから外す際に「シュー」っと空気を吸い込む音がしたらマスターバックは正常ですが、音がしない場合はマスターバックの気密が保たれていないため、交換すべきレベルです。新しいものに替えればブレーキの利きもはっきりわかるように改善されます。ペダルをちょっと踏むとバルブが開いてブレーキの効き始めがごく弱い踏力で作動します。

プロポーショニングバルブから下に伸びるパイプはプロポーショニングバルブのすぐ下で分割できるようになってるので、その部分を外せば、さっき取り付けに苦労すると指摘していた部分を元通りに装着するのは容易です。

全てを元通りに戻したら、前輪だけブレーキのエア抜きすればOKです。

これをエンジンルーム側からだけで行おうとすると必要もない部品をたくさん外して、ブレーキオイルを駄々洩れさせて作業するハメになります。
  1. 2024/04/02(火) 07:49:41|
  2. ミニの整備

DHR改良型アロイ強化ラジエーター入荷販売を再開しました。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

しばらく欠品しておりましたオリジナル強化ラジエーターの販売を再開しました。

改良点はこれまで同様なので、既出のブログ記事をご覧ください。

IMG_2696.jpeg


出荷前に弊社にて再度耐圧テストを行ってお届けしています。




真夏や渋滞時にしっかりと水温を下げてくれます。あなた自身の目でお確かめください。
  1. 2024/03/29(金) 10:41:56|
  2. ドックハウスYahoo!店 情報
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

DHR Garage DOGHOUSE

Author:DHR Garage DOGHOUSE
35年間、バブル期に扱ったイタリアンスーパーカーに始まり、趣味で扱うClassic Miniの専門店・メカニックとして過ごしてきました。英国車全般、特に買収前のロールス・ベントレーの整備や、Aタイプエンジンのチューニングも得意です。レース活動や英国内取引先を通じて得た英国好きの趣味を生かして、Griffin Helmet,Lewis Leathersを始めとしたRockersカルチャーをご紹介できたらと思っています。

最新記事

Street Mini.com

全国有名ミニショップのブログポータルサイトです。

プロショップのブログは内容も濃くてユーザーの情報交換に役立ちます。

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (165)
バイク (5)
ライダース (9)
ヘルメット (22)
wolf leathers (5)
グリフィン (59)
よもやま話 (140)
ducati (1)
MINI (1038)
納めたお車 (7)
コレクション (4)
Rockersなファッション (3)
BMWツインカムコンバージョン (30)
セール情報 (7)
Vortz Cooper formula-R (21)
ERAターボ (4)
DHR-Sprint Mini (46)
MKⅠコンバージョン (8)
セールのご案内 (47)
新製品情報 (293)
クランクケース内圧コントロール (91)
ベンチュリートルクエフェクター (40)
S.E.V Marchal (3)
ミニの整備 (243)
The Italian Job Style (4)
305のようなイベント (2)
3Pロールケージ (17)
スタビライザー (40)
WSC-BSK(Bump Stop kit)  (33)
WSC-RCA (6)
SC社ステンレス製LCB (7)
ロールセンターアダプター (0)
メーターパネル製作 (72)
DHR-RTH(レーシングトーフック) (17)
冷却系の話題 (62)
日曜コラム (5)
DHR Club Sport Package (5)
DHR-RSMD (レーシングダッシュボード) (4)
がっつりキャンバー角の話 (11)
インジェクションエンジン (24)
Super Pro Bushing kit (11)
DHR Ultra Light Alloy Racing Lug Nuts SET (2)
お知らせ (4)
ミニのブレーキ強化のお話 (10)
1400ccエンジン (37)
DHR H-Beam Conrod set (3)
センターメーター装着ミニ用のナビゲーションスタンド (6)
Classic mini Shift Gator (5)
Engine Rocker Cover Art Collection"Spitfire" (6)
インジェクションエンジンのチューニング (51)
Engine Rocker Cover Art Collection"Spitfire" (7)
Race and Track day (6)
ドックハウスYahoo!店 情報 (233)
Team wear (3)
AFC(Air Fuel Controller) (5)
97年~ミニの改善 (11)
MPi(97年~専用)オルタネータークラッチプーリー (3)
Racing Shift Gater (9)
ジャパンミニデイ (61)
Cylinder Head Modify Division (3)
クイックリリースボンネットアダプター (24)
DHR-RBP (3)
コレは買いだ! (7)
プロの仕事 (34)
ミニのドレスアップ (43)
新製品化したいパーツ (17)
DHR4ポットブレーキキャリパー (25)
ライト消し忘れブザーリレー (3)
トランスミッションの作業 (8)
Specialist components wheels (10)
ミニ専門誌STREET MINIの話題 (2)
インジェクションインマニパイプリペアキット (10)
DHR Spi intake funnel (26)
デビルアイ ヘッドライトカバー (29)
DHR Bonnet Raiser (3)
日本仕様インテークマニホールド ウォーターラインパイプキット (5)
FRP製品の輸入 (8)
DHR classic mini ventilator (25)
STREET MIN誌情報 (5)
新連載! 自虐の道をミニと一直線! (29)
日本仕様Spiエンジン用フューエルポンプ リプレースキット (3)
Radford Japan & DHR (37)
MK1仕様ダミーヒンジキット (7)
ランニングクラッチプーリー (27)
カスタムグリルマフラー (17)
ミニの常識 (2)
数量限定BMC復刻シリーズ (3)
DHRグリースニップル付ロングタイロッドエンド (3)
DHRグリースニップル付ロングタイロッドエンド (2)
WURTH(ウルト)社製品 (2)
クラッシクミニ馬力甲子園 (3)
ハイブリッドボールジョイント (29)
SBoMな話 (3)
クラッシックミニのパワーウインドKIT (1)
オートマティックトランスミッションの修理 (8)
ミニの電動パワーウインドー (2)
Rocket Tail Back & Fog Light (6)
ミニのスマートフォンホルダー (5)
ミニのyoutube (1)
COOPER CAR.CO (1)
ブログカウント数記念行事 (1)
かんたんアーシングケーブル (7)
DHR下請け作業 (7)
アクセルケーブルの交換 (1)
NEW DHR ダウンパイプの製作 (3)
DHR Racing Wiper Linkage set (4)
DHR製シリンダーヘッド (8)
バッテリー上り防止の工夫 (2)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebook

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

いろんなミニのブログは

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

QRコード

QRコード