fc2ブログ

クラシックミニで時速100マイル! DHR Garage DOGHOUSE【公式】ブログ

クラッシックミニ用オリジナルパーツの紹介からHPの日常更新記事として発信しています。

インジェクションエンジンの排気形状(NEWダウンパイプ製作過程01)

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

先日ご紹介した立派な施設で撮影したインジェクションミニの純正エキマニのダウンパイプへつながる部分の立体画像です。

インマニ内部


数字はエンジンの気筒番号です。1-3-4-2の順で点火するミニのエンジンですが、このように4番シリンダーからの排気は1番に比べてダウンパイプまでの長さも集合部分への合流角度も異なります。

2番3番は排気ポートが隣り合い、ポート全体を共有する形状です。1番と4番は単独の排気ポートですが、ダウンパイプと合流する直前に排気同士が干渉します。

この観点で考えると、2-3番の排気を集合する純正エキマニのグリーンの排気は1番4番に対して太くすべきという発想が出てきます。現にミニ用に販売されているLCBのハイエンドモデルはセンターパイプ、つまり2-3番排気パイプを太くしたものが売られています。

そのことに関してはインジェクションエンジン、とりわけ純正シリンダーヘッドにそのようなセンターパイプを太くしたものを採用しても、おそらくトルク抜けとでも言いますか、実際には出力ダウンするエンジンになるはずです。抜けの良すぎるマフラーを付けたら坂道を上がらなくなったみたいな現象に近くなります。

純正エキマニでダウンパイプ集合部までの形状が決まっている以上、それ以降のダウンパイプ形状で排気効率を上げるための工夫がDHRの腕の見せ所というわけです。

重ねて申し上げますと、ミニのエンジン周辺部品は最初のミニが作られた850ccエンジンからサイズが決まって、類似した英国車のエンジンと共通部品、共通サイズが使われることで、部品を製作販売する側も大きくすれば良い、太くすればよい、という程度の勘に頼ったものが延々と売られてきただけです。

話を元に戻すと、シリンダーヘッドから排出された1番4番の排気は左右対称に集合させる事が出来なかったために長さや角度に偏りを付けてあります。画像からも4番の排気はシリンダーヘッドを出た直後に深い角度でターンさせられています。さらに集合部で1番の排気経路に合流するようにもう一度深くターンします。

このことを考えると、ダウンパイプの2本のパイプは、太さを変えることで燃調が一定になる3000pm+までのトルクを改善できるはずです。

私としては、従来品と同じ基本形状で製作方法を変えるだけと当初考えていましたが、


皆さんの中でバイクにお乗りの方も多くいると思いますが、250ccまでの国産オートバイの排気系統は昔に比べてとても複雑な形状で、見た目よりも排気経路が長く、消音が馬力を減らすようなことが無いように工夫されていることをご存知だと思います。
太く短いマフラーなんてないでしょ?短く見えてもボックス形状のサイレンサー部分でパイピングしたり、何よりも排気管が細いです。

触媒までのエキマニ形状が走りの性格に大きく影響するのが現代のエンジンに対する考え方です。

一定の方針は考えとしてまとまっていますが、理論としての裏付けをしっかり整理して、また経過をご報告できればと思います。








スポンサーサイト



  1. 2023/10/25(水) 21:19:30|
  2. NEW DHR ダウンパイプの製作

吸気や排気は、いろんな方法で向きを変えられます(NEWダウンパイプ製作過程02 )

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

DHRのインジェクションエンジンに関するパーツについて、有名店であればあるほど、ミニの専門を自称する人ほど懐疑的みたいです。

良し悪しはショッピングサイトでもお客様が感想を寄せていただいているので、私もそうだと思っています。

※知らんけど(笑)  この知らんけどは懐疑的に対しての知らんけどです。

何度か触れていますが、インジェクション用インマニの出口付近についた三日月状の突起。

一時、みなさんこぞってチューニングと称して削り落していました。お店に頼んで削ってもらう人もいたし、お店が削ったら良いよ、と勧められたケースもいっぱいあります。

弊社がDHR-CCVSを販売開始して、さらにWSC-VTEを販売したころ、その部分を削っちゃダメと皆さんにアナウンスしています。

私以外にも、メーカーがつけてきた改善点に理論的な裏付けがあるから削らない方が良いという方もたくさんいました。


無題

画像の矢印がガソリンが霧になった吸気です。図のように吸気が4番方向の突起にぶつかります。

すると、突起を乗り越えて吸気が流れますが、赤い破線で囲んだ突起の裏側には気流が無いことで圧力が下がる現象が起きます。すると、圧の高いところから低いところに気流は流れますよね?

みなさん、似たような自動車パーツをいつも目にしているでしょ? そう、スポイラー。
あれは前面が下向きに押されるだけじゃなくて,後方が圧力差で下に引かれる効果もあるんですよ。
同じ原理で1番4番シリンダーに2番3番同等の燃料を送っている、そういう改善だったわけです。

このように内燃機における気流の制御は、大幅でなくとも、物理的な制約を受けるなどの状況をすこしでも改善する手段を形にしているわけです。

ダウンパイプにもそういうノウハウを入れ込むつもりです。
  1. 2023/10/26(木) 13:11:34|
  2. NEW DHR ダウンパイプの製作

最新技術?でオーバースペックの作業。使い方次第です。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

先日、積雪の残る中、県総合デザインセンターという普段からお世話になっている施設で導入予定のレーザー式3Dスキャナーのデモがあり、当方から持ち込んだ大型の物品をスキャニングしていただきました。



メーカーの方が青いレーザーを当て、寸時に読み取ったデーターがディスプレーに表示されます。今回は通常のスキャニングように灰色の反射防止塗装を施したものを持ち込んでいますが、実際にはレーザー照射で読み取るため光の反射は無い為、反射防止の塗装は不要です。貴重な品物もそのままスキャニング出来るのは今までにない機能です。

ものの一分ほどでデーターは取得できました。その手軽さ、速さは従来とは全く異なります。


IMG_5307.jpg

こういった空間上の位置がはっきりわかると、試作を繰り返してボディーとのクリアランスを検討する手間はほぼなくなると思います。ミニの場合は純正のエキマニ位置からどの程度クリアランスを確保できるかは、ガレージにあるミニを持ち上げて狭い部分だけ数値を取っておけば、それに合わせて画像の空間データーをいじることが出来ます。


IMG_5308.jpg

こっちは、ヘッドライト周りの形状を取って、何をしようとしているかというと、ウインカーの位置を移設して、ヘッドライト下に大きなフォグライトを埋め込んでしまうパネルを作るためのデーター採りです。


IMG_5310.jpg

当初はヘッドライト周囲まで一枚の大きなパネルで製作するつもりでしたが、こうやって簡単に形状を再現できるおかげで、必要なパネルだけを小さく作って接着しても問題ないと思うので、その線で進める予定です。

もはや切った貼ったの時代ではなく、3Dプリンターの造形コストも下がったとは言え、マテリアルの価格は高い為、機械の稼働時間短縮と造形物を最小限の大きさで作ってコストの削減を行うのは従来と変わりません。

ダウンパイプは外観の形状というよりパイプの中心線が何処をどう通るかに合わせてパイプ径を変えてゆくのが重要なポイントですが、一度に全体を見て設計検討できるのは大きなアドバンテージを得た気がします。

持ち運びも出来るスキャナーですか、価格もかなりで(笑)、県の予算が付き次第導入されるとのことでした。
  1. 2024/02/10(土) 21:31:08|
  2. NEW DHR ダウンパイプの製作

プロフィール

DHR Garage DOGHOUSE

Author:DHR Garage DOGHOUSE
35年間、バブル期に扱ったイタリアンスーパーカーに始まり、趣味で扱うClassic Miniの専門店・メカニックとして過ごしてきました。英国車全般、特に買収前のロールス・ベントレーの整備や、Aタイプエンジンのチューニングも得意です。レース活動や英国内取引先を通じて得た英国好きの趣味を生かして、Griffin Helmet,Lewis Leathersを始めとしたRockersカルチャーをご紹介できたらと思っています。

最新記事

Street Mini.com

全国有名ミニショップのブログポータルサイトです。

プロショップのブログは内容も濃くてユーザーの情報交換に役立ちます。

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (165)
バイク (5)
ライダース (9)
ヘルメット (22)
wolf leathers (5)
グリフィン (59)
よもやま話 (140)
ducati (1)
MINI (1038)
納めたお車 (7)
コレクション (4)
Rockersなファッション (3)
BMWツインカムコンバージョン (30)
セール情報 (7)
Vortz Cooper formula-R (21)
ERAターボ (4)
DHR-Sprint Mini (46)
MKⅠコンバージョン (8)
セールのご案内 (47)
新製品情報 (293)
クランクケース内圧コントロール (91)
ベンチュリートルクエフェクター (40)
S.E.V Marchal (3)
ミニの整備 (243)
The Italian Job Style (4)
305のようなイベント (2)
3Pロールケージ (17)
スタビライザー (40)
WSC-BSK(Bump Stop kit)  (33)
WSC-RCA (6)
SC社ステンレス製LCB (7)
ロールセンターアダプター (0)
メーターパネル製作 (72)
DHR-RTH(レーシングトーフック) (17)
冷却系の話題 (62)
日曜コラム (5)
DHR Club Sport Package (5)
DHR-RSMD (レーシングダッシュボード) (4)
がっつりキャンバー角の話 (11)
インジェクションエンジン (24)
Super Pro Bushing kit (11)
DHR Ultra Light Alloy Racing Lug Nuts SET (2)
お知らせ (4)
ミニのブレーキ強化のお話 (10)
1400ccエンジン (37)
DHR H-Beam Conrod set (3)
センターメーター装着ミニ用のナビゲーションスタンド (6)
Classic mini Shift Gator (5)
Engine Rocker Cover Art Collection"Spitfire" (6)
インジェクションエンジンのチューニング (51)
Engine Rocker Cover Art Collection"Spitfire" (7)
Race and Track day (6)
ドックハウスYahoo!店 情報 (233)
Team wear (3)
AFC(Air Fuel Controller) (5)
97年~ミニの改善 (11)
MPi(97年~専用)オルタネータークラッチプーリー (3)
Racing Shift Gater (9)
ジャパンミニデイ (61)
Cylinder Head Modify Division (3)
クイックリリースボンネットアダプター (24)
DHR-RBP (3)
コレは買いだ! (7)
プロの仕事 (34)
ミニのドレスアップ (43)
新製品化したいパーツ (17)
DHR4ポットブレーキキャリパー (25)
ライト消し忘れブザーリレー (3)
トランスミッションの作業 (8)
Specialist components wheels (10)
ミニ専門誌STREET MINIの話題 (2)
インジェクションインマニパイプリペアキット (10)
DHR Spi intake funnel (26)
デビルアイ ヘッドライトカバー (29)
DHR Bonnet Raiser (3)
日本仕様インテークマニホールド ウォーターラインパイプキット (5)
FRP製品の輸入 (8)
DHR classic mini ventilator (25)
STREET MIN誌情報 (5)
新連載! 自虐の道をミニと一直線! (29)
日本仕様Spiエンジン用フューエルポンプ リプレースキット (3)
Radford Japan & DHR (37)
MK1仕様ダミーヒンジキット (7)
ランニングクラッチプーリー (27)
カスタムグリルマフラー (17)
ミニの常識 (2)
数量限定BMC復刻シリーズ (3)
DHRグリースニップル付ロングタイロッドエンド (3)
DHRグリースニップル付ロングタイロッドエンド (2)
WURTH(ウルト)社製品 (2)
クラッシクミニ馬力甲子園 (3)
ハイブリッドボールジョイント (29)
SBoMな話 (3)
クラッシックミニのパワーウインドKIT (1)
オートマティックトランスミッションの修理 (8)
ミニの電動パワーウインドー (2)
Rocket Tail Back & Fog Light (6)
ミニのスマートフォンホルダー (5)
ミニのyoutube (1)
COOPER CAR.CO (1)
ブログカウント数記念行事 (1)
かんたんアーシングケーブル (7)
DHR下請け作業 (7)
アクセルケーブルの交換 (1)
NEW DHR ダウンパイプの製作 (3)
DHR Racing Wiper Linkage set (4)
DHR製シリンダーヘッド (8)
バッテリー上り防止の工夫 (2)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebook

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

いろんなミニのブログは

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

QRコード

QRコード