FC2ブログ

クラシックミニで時速100マイル! DHR Garage DOGHOUSE【公式】ブログ

趣味で集めているグリフィンクラブマンヘルメットやヴィンテージレザージャケットの紹介、メイン業務のGarage DOGHOUSEで係わる車やバイクの話題、販売する商品のご紹介など、徒然なるままに書き加えていきます。

WSC-VTEデリバリー再開です

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

チョットお待たせしましたが、

VTEの用意が出来ましたので今日発送を開始しました。


3日ぶりくらいに青空になりました。

空いた国道を80キロくらいでのんびり走ってきましたが

やっぱり

DHR-CCVSとWSC-VTEの効果は

はっきりと違いがありますね

マフラーを換えて爆音ドライブもいいですが

エンジンのスムーズさや4速2千回転から3千までの特殊なサウンドを

ぜひお試し下さい



テーマ:英国車ミニへの想い - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/02/26(火) 16:45:03|
  2. ベンチュリートルクエフェクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VTE(ヴェンチュリートルクエフェクター)のなぜ?何?にお答えして

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

前回、DHR-CCVSについてご説明しましたが、

しっかりお読みいただけましたでしょうか?


たぶん専門誌上で再び説明も入ると思いますが、弊社のブログのほうが詳しいと思います


そこで今回、VTE(ヴェンチュリートルクエフェクター)の話になりました。


まず、このVTEは、DHR-CCVSの装着を前提に製作されています。


CCVSがなかったら、VTEも出来なかったでしょう。


開発と言うには大げさすぎますが、

VTE製作の背景には、現在も全国のミニショップや個人の愛好家が行っている

ポートの拡大という、ある流行が背景にあります


実際に、そのような加工を行って、

非常に短い感想が述べられていることがあっても

では、日常づっと使ってみて、どのような印象を受けるかという事になると

装着直後ほどの好印象は継続しないようです


こういった改造を加える方は、抵抗の少ないオープンタイプのエアクリや音の大きな太いマフラーを好みます


その結果、高回転向きのエンジンにはなりますが

実用域でのトルク細りは顕著になります


これには何の説明も要りません

暖かくなってこれから増えるだろう暴走族風の集合管をつけたバイクの

いかにもトルクのなさそうな走りと同じで

吹かさなきゃツキの悪い典型的なエンジン特性になります


こういった事実がありながら、個人もショップもそのマイナス面を決して認めようとしません(汗)


肝っ玉と金玉とけつの穴が小さいからという説を聞いたことがあります、キモオタクばっかだと。(核爆)


VTEは大掛かりな加工をヘッド側に要求しないつくりになっています


簡単に言えば、ヘッド直前でポート径を絞って


吸気の流速を上げただけの構造です

流速は上がり、そして圧力も増します


Venturi.jpg


ここでの流速は重力による自然落下の速さではありません

エンジンの燃焼室内部に発生した負圧によって吸い込まれる混合気の流速です


CCVSでより充填効率の上がった燃焼室はVTEで増した流速によってさらに効率よく混合気を吸い込みます

インマニをはずして内部を見てもピンク色の液化したガソリンによる汚れは皆無です。




VTEのヘッド側にはわずかな返しがつけられていますが

このわずかな返しがポート内に送られた混合気の吹き返しを抑え

ポート内の圧力を装着されていないものに対して高める作用があります

よってさらに吸気の効率が上がり

それはスワール化した排気ガスの流速も高める結果になります。


エンジン出力に対してわずかなものかもしれませんが

耐ノック性も改善され

発進時から増えたトルクによって

エンストが抑えられる結果を生んでいます



ここまで読んで、ご理解いただけましたでしょうか?


私の過走行ミニは3.2ファイナルながら

アイドリングのまま、4速1000rpm以下で軽い上り坂を時速30キロ付近で上り切ります。


DHR-CCVSもWSC-VTEも

装着後に坂を上っていただければ

すぐに違いがわかるはずです。


皆さん自身のドライブでお試しください。

テーマ:英国車ミニへの想い - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/03/20(水) 17:42:04|
  2. ベンチュリートルクエフェクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

触媒レスとWSC-VTE

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

先日WSC-VTEをお納めしたショップさんからお電話いただいて

いろいろお話した事です。


最近は入庫するミニもほとんどがインジェクションで

キャブ車も元はインジェクションだったものばかりだそうです

そういう中で、インジェクション車にお乗りのお客様には

エンジンのチューンは少し縁遠い話になりつつあったそうですが

まずCCVSを装着して、その後、お客様がネット上のブログを読んで

追加でVTEを装着したそうです。



どこのお店もそうですが、

やはりCCVSは効果に対して、当初半信半疑だったそうで

お客さんが実際に使った感じを教えてくれるまで分からなかったそうです

実際に試乗して、ある程度エンジンを回す乗り方を試して驚いたとのことでした。



あまりにも部品構成がシンプルなので、想像できないとの事

しかし今回VTEを装着するにあたって

かなりの期待があったそうですが、裏切ることなく喜んでいただけたそうです。


インジェクションミニは乗りやすいエンジンですが、3速4速でトップエンドまで回すには

すこしストレスがあります。

3000rpmの山を越え、4000~6000rpmまで回すには無理やり感が強いのですが

DHR-CCVSとWSC-VTEの組み合わせはトップエンドまで回し切ります。


インジェクションにもLCBタコ足を好むお客様が増えたようですが

私はお勧めしていません。

なぜなら、O2センサー(λセンサー)の位置がノーマルから変わって

どうも燃費を落とす傾向があることと、かなり燃調が濃くなる区間が増えて

ポートや燃焼室がカーボンであふれるケースがあるからです。

そういう場合は迷わずに触媒レスにしてください。

出来たら、触媒ジャックではなくて、マフラーまでストレート構造の段差のないものが好ましいです


ミニで増えてきた故障の症状に

触媒の詰まりがあります。

粘土の高いオイルを入れて、オイル下がりのエンジンを使い続け、なおかつ(ここが重要!)

おとなしい運転が多い日本の使用状況では、触媒の詰まりを燃やし飛ばすことなく

詰まらせてしまうからです。


使い続けてるマフラーは音が大きくなります。

なぜでしょうね?

答えは、サイレンサーのパンチングがススで詰まって、ただのストレートパイプ化してるからです。


話を元に戻しますが

朝エンジンを掛けて、ひと吹かし、

マフラーから出る排気はどう変化してゆきますか?

あなたがひと吹かしして勢い良くでた白煙?も

その後はすーっとおとなしくなり

その後徐々に排気の量が増えて行くことに気づいていましたか?


全長3mのミニの排気システムは3mに満たない長さですが

完全に排気抵抗が一定になるまで結構時間がかかります

排気を押し出し続けて、マフラーエンドまで届いて

初めて給排気が一定のリズムを刻みます

そして、流れ出した排気が次の吸気を吸い込む慣性力を生み出すわけです

ストーブに灯油を汲むポンプ、高低差を利用してポンプをプカプカしなくても汲み出せますよね?

あれが慣性力。そして、そのポンプがもしもっと太かったら吸い出すと思いますか?

想像の通り、太いとエアを噛んで自然にくみ出せなくなります。

ミニのエンジンも同じ理屈で給排気効率が考えられるべきです。

エンジンは化学ではなくて物理ですよ。


(続く)

テーマ:英国車ミニへの想い - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/04/03(水) 00:07:28|
  2. ベンチュリートルクエフェクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

触媒レスとWSC-VTE その2

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

今朝は昨夜からの雨が続いて寒い朝ですね。

さて、昨日の続きなのですが、

取り留めなく書いたブログ、

どうも内容がイマイチ分かりにくかったと思いますが

ここで整理すると


排気に関して、

触媒や排気音を抑えるマフラーは

排気ガスが排出される過程で少なからず抵抗になります。

しかし、抵抗と言っても「通さない」わけではなくて

通過する速度を落としている、と考えてください。

触媒は太いパイプにストロー詰めたものと同じでストローの厚み分だけ断面積が減ると考えます

以上が昨日のおさらいですが

問題は、インジェクションエンジンが持っている慢性的オイル下がり症状と

排ガス規制用のECUマッピングが3000rpmを越えるとエンジン保護のために

燃調を思った以上に濃くしてくることにあります。


プラグは希薄ガスのために真っ白に焼けていますが

マフラーエンドはすすやオイルの付着が多いのがミニです。


そういうわけで、エンジンの性能のことを考えれば触媒は無いに越したことがありません。

エンジンの性能に関心を持っているユーザーは触媒を取ったほうが理にかなっています。



LCBについては昨夜触れましたが、ユーザーの使い方に合ってるかどうか考えてください。

LCBの交換はO2センサーの位置が変わりますので、必ずエンジンに影響を与えます。

すべてのケースではありませんが、乗り方によってかなり燃費が悪化します。


CCVSやVTEで吸気の流速を上げて効果を狙っていますが、

同時に排気に関しては、根本的なエンジンの性能に合った設定が求められます。


回しても4000rpm程度のユーザーなら、

マフラーはスタンダードボアを選ぶべきです。

ほぼトップエンドまで回し切る乗り方を好む方はラージボアもOKです


給排気にバランスの取れた構成が排気の慣性力をより有効に使い

それが低速でのトルク感を改善したり、息継ぎのない加速を可能にします。


CCVSとVTEの効果をぜひお試しください。

これまでに書かれた関連ブログをお読みいただければ

視覚的なギミックもなく、理論だけで構成された真っ当なパーツであることが

お分かりいただけるものと思います。



最後に、今日は寒い!




テーマ:英国車ミニへの想い - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/04/03(水) 11:15:23|
  2. ベンチュリートルクエフェクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客様から頂いたメールから

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

ブログを書くようになって丸年うん花月


以前は書き込まれるコメント、出会い系の宣伝や

何だか変てこな中傷コメントがたまに入る程度でしたが

最近は時々普通のコメントも入るようになりました

ありがとうございます。


それとは別に、ドックハウスの販売している商品をお使いいただいて

感想をメールで頂く機会が

マジ半端なく(マジパネッす!)あるんです。

これは本当に、ありがたく、うれしい話でして

ミニショップ冥利に尽きることです。


たぶん皆さんは「そういうネタなんでしょ?」

と、妄想癖のあるおっさんの小芝居と思うかもしれませんが

本当に週1~2通のメールを頂きます

それも、お褒め頂く内容ばかりです。


実際に使って効果が間違いなく、それもハッキリと体感できた

そういうお便りばかりです。

お客様にとっては、メール送ったって何かプレゼントされるわけでもないのですが

わざわざお送りいただける理由は


「初めて効果のあるパーツを購入した」という理由からです


昨日のブログをお読みになった方ですが


「マンションの駐車場で我が家のスペースだけがオイル汚れがあったのですが、確かめてみると、新しいオイルの汚れが見当たらないし、アンダーガードもきれいなままだったので驚きました」

そういう内容でした。


走りにも満足頂いている旨が書かれており、WSC-VTEを装着して友人と乗り比べてみたら、装着を内緒にして試乗させた友人も??って顔で不思議がっていたのでネタばらしすると改めて効果が感じられて満足してます、と言った内容でした。


こう書くと、自作自演の小芝居に思われると、書かずにおこうと思うのですが

人がどう思おうが、私がうれしかったんだからいいじゃん!て思ってます。


効果を認めてお客様に積極的に奨めていただけるお店もありますし

そういう意味では、

昨今ミニを取り巻く厳しい状況ではありますが

改めて

打倒FIAT500を心に誓うのであります

※そっちかい!

テーマ:英国車ミニへの想い - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/04/13(土) 22:48:22|
  2. ベンチュリートルクエフェクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

DHR Garage DOGHOUSE

Author:DHR Garage DOGHOUSE
29年間、バブル期に扱ったイタリアンスーパーカーに始まり、趣味で扱うClassic Miniの専門店・メカニックとして過ごしてきました。英国車全般、特に買収前のロールス・ベントレーの整備や、Aタイプエンジンのチューニングも得意です。レース活動や英国内取引先を通じて得た英国好きの趣味を生かして、Griffin Helmet,Lewis Leathersを始めとしたRockersカルチャーをご紹介できたらと思っています。

最新記事

Street Mini.com

全国有名ミニショップのブログポータルサイトです。

プロショップのブログは内容も濃くてユーザーの情報交換に役立ちます。

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (156)
バイク (5)
ライダース (9)
ヘルメット (22)
wolf leathers (5)
グリフィン (59)
よもやま話 (117)
ducati (1)
MINI (1038)
納めたお車 (6)
コレクション (3)
Rockersなファッション (3)
BMWツインカムコンバージョン (30)
セール情報 (7)
Vortz Cooper formula-R (21)
ERAターボ (4)
DHR-Sprint Mini (46)
MKⅠコンバージョン (8)
セールのご案内 (47)
新製品情報 (288)
クランクケース内圧コントロール (82)
ベンチュリートルクエフェクター (39)
S.E.V Marchal (3)
ミニの整備 (182)
The Italian Job Style (4)
305のようなイベント (2)
3Pロールケージ (17)
スタビライザー (40)
WSC-BSK(Bump Stop kit)  (32)
WSC-RCA (6)
SC社ステンレス製LCB (7)
ロールセンターアダプター (0)
メーターパネル製作 (72)
DHR-RTH(レーシングトーフック) (17)
冷却系の話題 (53)
日曜コラム (5)
DHR Club Sport Package (5)
DHR-RSMD (レーシングダッシュボード) (4)
がっつりキャンバー角の話 (11)
インジェクションエンジン (15)
Super Pro Bushing kit (11)
DHR Ultra Light Alloy Racing Lug Nuts SET (2)
お知らせ (3)
ミニのブレーキ強化のお話 (10)
1400ccエンジン (37)
DHR H-Beam Conrod set (3)
センターメーター装着ミニ用のナビゲーションスタンド (6)
Classic mini Shift Gator (5)
Engine Rocker Cover Art Collection"Spitfire" (6)
インジェクションエンジンのチューニング (42)
Engine Rocker Cover Art Collection"Spitfire" (7)
Race and Track day (6)
ドックハウスYahoo!店 情報 (149)
Team wear (3)
AFC(Air Fuel Controller) (5)
97年~ミニの改善 (9)
MPi(97年~専用)オルタネータークラッチプーリー (3)
Racing Shift Gater (8)
ジャパンミニデイ (57)
Cylinder Head Modify Division (3)
クイックリリースボンネットアダプター (23)
DHR-RBP (3)
コレは買いだ! (7)
プロの仕事 (31)
ミニのドレスアップ (42)
新製品化したいパーツ (15)
DHR4ポットブレーキキャリパー (24)
ライト消し忘れブザーリレー (3)
トランスミッションの作業 (8)
Specialist components wheels (10)
ミニ専門誌STREET MINIの話題 (2)
インジェクションインマニパイプリペアキット (7)
DHR Spi intake funnel (22)
デビルアイ ヘッドライトカバー (28)
DHR Bonnet Raiser (3)
日本仕様インテークマニホールド ウォーターラインパイプキット (4)
FRP製品の輸入 (5)
DHR classic mini ventilator (21)
STREET MIN誌情報 (4)
新連載! 自虐の道をミニと一直線! (27)
日本仕様Spiエンジン用フューエルポンプ リプレースキット (2)
Radford Japan & DHR (35)
MK1仕様ダミーヒンジキット (5)
ランニングクラッチプーリー (22)
カスタムグリルマフラー (9)
ミニの常識 (2)
数量限定BMC復刻シリーズ (3)
DHRグリースニップル付ロングタイロッドエンド (3)
DHRグリースニップル付ロングタイロッドエンド (2)
WURTH(ウルト)社製品 (2)
クラッシクミニ馬力甲子園 (2)
ハイブリッドボールジョイント (8)
SBoMな話 (2)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebook

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

いろんなミニのブログは

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

QRコード

QRコード