FC2ブログ

クラシックミニで時速100マイル! DHR Garage DOGHOUSE【公式】ブログ

趣味で集めているグリフィンクラブマンヘルメットやヴィンテージレザージャケットの紹介、メイン業務のGarage DOGHOUSEで係わる車やバイクの話題、販売する商品のご紹介など、徒然なるままに書き加えていきます。

エンジンマウントの換え時

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

ミニを運転していて

シフトチェンジの際にエンジンがゴクンと動く感じ

ありませんか?


ステディーロッドの消耗を第一に考えますが

アッパー側を換えるだけでは収まりません

もちろん、クラッチミートの際に早めにアクセルを踏む方は

どうしてもそういう挙動がでますが



そんな時は、オイルのドレンボルトにソケットを掛けて

締め込み方向に力を加えてみます

エンジンマウントがダメになってるミニは

アッパーのステディーロッド付近の緩みが無くても

エンジンが揺ら揺ら動くはずです。

ミニのエンジンマウントは出来たらエンジン脱着して交換したほうが多方面のチェックが出来ていいのですが

最悪少しエンジンを吊るなどして交換出来ます


もちろんロアーのステディーロッドもブッシュを換えてくださいね
スポンサーサイト

テーマ:英国車ミニへの想い - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/02/27(水) 15:05:25|
  2. ミニの整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日も掛かってきたビックスロットル装着のトラブル問い合わせ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

今日お電話でビックスロットルを装着した際のトラブルについてお問合せの電話がありました。


ネットで検索して弊社のブログにたどり着いたそうです。


経過としてはショップでビックスロットルを買って


自分で装着したそうです。


その後、ショップに頼んだそうですが


アイドリングがおかしいと。


しかしその事を言うと


「ビックスロットルってこういうものだから、だからやめておけば良かったのに・・・」


となって、弊社にお電話となったようです。


でもね、そのビックスロットル、弊社製品じゃないんです




それって、どうよ?


って、思うのが普通じゃないかな・・・、そうでもない?


遠く離れた場所でのお話なので


目の前になきゃ症状がわかりませんが


答えは二つ


ひと~つ


多分、何処かでエアを吸っています。


アイドリングが下がらないということでした。


スロットルボディー交換時の作業で何処かのホースが洩れてる可能性があります。


ふた~つ


これは初歩的な問題なので、それこそ製品の問題ですが


スロポジセンサーを動かすレバーが未調整ではないか?です。



よくネットの個人ブログやみんから?で


ハンチングが止まらないという書き込みがありますが


それはデマよ。


上に挙げた以上の何らかのトラブルを車が抱えていれば


作業の結果おかしくなることがあります。


弊社で販売してるビックスロットルに関しても


装着後苦労する方もいれば


拍子抜けする位簡単に落ち着いたという方も多いんです。


ショップさんの見解とは言へ


かなりお粗末な話も少なくありません。


私個人の意見としては ※個人以外に何かあるのかと言われたら何もないんですけどw


エンジンルームがノーマルっぽい状態で、不調でないミニにビックスロットル装着してアイドリング出せないメカニックは自分のミニで練習してからお客さんの車を引き受けたほうが良いと思いますね


いろいろ勉強にもなるし、お勧めしますよ。


ただ今ガレージドックハウスでは

ビックスロットル45mmを即納中です

※人によっては46mmと言う人もいますが、同じで~す。


怖がらないでぜひお試し下さい


DHR-CCVS と WSC-VTE そしてビックスロットルにDHR-ダウンパイプを組み合わせれば


インジェクションミニのエンジンを毎日使うユーザーにも

なかなか楽しいエンジンに仕上がります。

ぜひチャレンジして下さい。

関東関西で優秀なメカニックのいるお店も紹介いたします。



それと、インジェクションミニのアイドリング不調にテスターを使わなきゃならないような書き方がありますが、そんな大げさな物じゃありません


リセットって言いますが、何をリセットしてるのか分かってます?

多分ミニのECUがリセットされるのだと思っていませんか

テスターはライブデーターを表示するので、そのデーターが設定範囲以内ならエンジンは問題なく作動します。そのデーターを何のためにはリセットするのでしょう

つまり、問題なく作動してるエンジンのECUをリセットなんて、理屈に合わないでしょ?

確かにステッパーモーターの位置出しはリセットがあります。

例のシャフトが戻らないなんて時にやります。


なれたメカニックならほとんどの場合過去の事例でテスター無しに治してしまいます。

安い簡易表示のテスターが売られていますが、

それなくして云々と言うのは間違ってると思います。




テーマ:英国車ミニへの想い - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/09/27(金) 18:04:05|
  2. ミニの整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポン付けパーツのいろいろBTDなど

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

昨日一日まったくPCを起動しませんでした。


ブログをお休みして少し静養させていただきました。



まず、タイトルのお話ですが


ミニのエンジンパーツにはいろいろありますが


みなさんは通称”ポン付け”出来るものが好きみたいです。


既にその時点でチューニングなんてやめたほうが良いと思われるのですが


※正直な感想です。だって、自動車の整備がポン!で済みますか?でしょ?


その”ポン付け”のレベルも、エンジン内部に装着・加工じゃなくて


外部の部品交換という程度でお使いになるなら、ポンと呼べなくもないかな?って。



例えていうと


タコ足LCBとか、マフラーもそうだし、


内部といえば内部ですが、ローラーロッカーなんかもそうです。


ミンカラあたり調べれば、装着後は効果絶大!?なパーツが山ほど紹介されています。


私から見れば


思い込み80% 実際の効果20%っていうものがほとんどです。


思い込み=使用者の感想ですから、それはそれで良いんだと思います


通販化粧品のCMと同じ。


70近い女性が化粧品で40代に見えます!ってやつですね。


お金掛けたんだから、疑問は残っても良いに違いないと無理やり思い込むのと同じで


ミニのポン付けパーツだって、そういうものが多いです。


特にパワーアップをうたうもので


効果があるのは排気系、それもマフラー以外のものだけです。


ノーマルのエンジンに対して10%もアップしたらかなり効果があるほうです


そういう意味では、LCBや弊社で15年に渡って販売しているDHRダウンパイプなどは効果があります。


だた、LCBに関してはO2センサーの位置が変わるため、燃費が悪化するケースが数多くありましたので


ちょっと気をつける必要があります。


対照的なのはローラーロッカーでして


かなり勘違いされたまま使われています。


確かにバルブのリフト量が増えますが、カムは同じなので、開いてる時間は同じです。


満員電車に乗り込む際に開閉するドアを想像してもらえば


少し大きく開いても早く閉じるドア、そこに乗り込む人の動きも早くならないと乗り込む人数だって増えません


つまり、リフト量が1.5倍になっても給排気量が1.5倍になるわけじゃありません


そういう観点から、過大に評価されたパーツといえます。


トータルで効果を出すパーツであって、単独では効果が薄いのです。


例えば先の電車の例で言うと、乗降口に向かって傾斜つけるとか、飛び込んでも良いようにマット引いておくとか


そういうチューニングが必要なんですね





その点、ビックスロットルだと、瞬間的な開閉効率ではなくて


開けっ放し状態での吸入効率になります。もちろんただ大きけりゃ良いという理屈ではありませんが


私のブログに良く出てくる


吸気や排気の流れ、


吸気排気慣性効果には大きくプラスに働きます。


DHR-CCVS や WSC-VTEも


こういった”吸気排気慣性効果”に沿ったパーツなのです。


P6191083.jpg



ビックスロットルについては


いろいろなブログなどで


装着の難しさ、トラブルが語られていますが


今日お納めする予定のショップさんが


きっとその辺りの事を詳しく書いていただけると思います


私が書くと、なんか、


ウッサン臭いでしょ?



テーマ:英国車ミニへの想い - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/10/27(日) 13:07:36|
  2. ミニの整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インジェクション、エンジン不調のその後(解決タマゴン!)

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

先日触れた、エンジン不調のインジェクション車の件です


商品のご注文でお電話いただいたお客さまから


先日のブログの話、ちょっと参考に聞かせてください~とお尋ねいただいて


勢いに任せてペラペラ話していたんですが


出来たら簡単でいいからまとめて ブログで触れておいて下さいとのご要望もあったので、ごく簡単にDIYで行ける範囲で書き留めておこうと思います


先ず、不調の状態として、エンジンは掛かるんだけど、という状態からスタートします


エンジンが掛からない場合は、火花が飛ばない、ガソリン来ていない、圧縮が足りない、というエンジンの基本要素になるので、また別の機会に。


エンジンは掛かるんだけど、

●アイドリングが続かない、

●アイドリングが高い状態を続ける、

●アイドリングが波打つ


こういう3パターンが概ね考えられます。



●アイドリングが高い状態を保つ場合

たぶん何処からか空気を吸っています。ECUに繋がるインマニの裏側からオイルストラップを通すパイプの何処か

例えば柔らかい樹脂製のL型接続部分に亀裂が入ってませんか?細いパイプそのものがエンジンの熱で溶けていたり擦れて穴があいていませんか?

エアクリーナーにも赤いパイプが繋がっています。同じ内容をチェック下さい。

あとは、ロッカーカバー裏の3本のゴムホースが劣化で亀裂など入っていないか、も空気を吸い込む原因になります。


順番は前後しますが、あと二つは時々厄介なので、ここで紹介した程度で直らない場合はプロに観てもらう必要があります。


●アイドリングが続かない

エンジンは掛かるけど、アイドリングも低めでじきに切れてしまう場合、でも再始動可能

おそらく、マフラー出口に乾いた煤が粉吹いたみたいにキレイについています。

これらはエンジンのセンサー類が設定値から外れて出力した場合に起きますが、

実際に復旧した際、どこが故障箇所だったか、ピンポイントで発見できないケースがほとんどです。

理由は、作業でインテークマニホールドの負圧のラインを外したり交換したりして、正しく装着されて治ってしまうケースが含まれるからです。

つまり、アイドリングが高止まりするのと同様に負圧に関係した故障が多いです

ここでは負圧(バキューム)ラインがどこかで”詰まってる”事を疑ってみてください


いくつか考えられるのは、ECUやマッチ箱みたいなオイルトラップ、インマニの裏の差込口


これらにパイプを差し込む際に”底付き”するくらい深く押し込んで、通路が遮断されるケースがあります。


少し差込を引き出してその部分から外気を吸わない程度にしてやるとスンナリ治るケースが少なくありません


この不調時に吐き出した黒煙のせいで、プラグが真っ黒になってる場合、必ず外して掃除してください。


あと、調子が戻ったら、マフラーから水が垂れるのを確認して、エキゾーストと触媒にたまってるだろう黒煙を空ぶかしや少しエンジン回転を高めに3速を使うなどして、吐き出してください。


こういった不調が蓄積すると触媒が詰まって、エンジンが掛からない場合が結構あります。大半は原因不明で廃車に追い込まれるか、キャブ化などで触媒が一時的に取り払われるなど、修理する側が原因を分からずに終わってしまう事が多数あります。


※ギアを入れても急に動かなくなって、クラッチ不良と診断されて高額の修理を行われるケースと似たようなもので、原因がドライブシャフトだと気付かないメカニックも日本にはたくさんいらっしゃいます。


●アイドリングが波打つ

実はこっちも上の話と同じなんです。

ただしこっちは、黒煙を吐きません。黒煙をはかないということはECUが点火に関しては正常に働いてるということになります。


おなじインジェクション仕様のミニであっても、こういう症状を負圧ラインの漏れや遮断で起こす例もあります。


同じ症状で水温センサーの不良から起こる症状にも似ています。インマニ裏の水温センサーが新車時装着のルーカス製だったら、部品代は安いので現行の新しいセンサーに変えて損はないと思いますね。


最近ではインジェクションエンジンの調子をテスターで調べることが流行っていますが

ほとんどの故障においてテスターは不要に思います。

ただ、ステッパーモーターの位置がずれてしまうなど、どうしてそうなるのか分からない故障もあって

モーターをゼロ位置に適正に補正することで調子よくなる場合もあります。


水温センサーは安いのですが、スロットルポジションセンサーやO2センサーなどは高額です。

適当にぽんぽん交換されては的外れな場合も多いので、そういった修理は、出来たら元のローバーディーラーだったショップさんの当時からミニに慣れてるメカニックさんに観てもらうのが一番です。



新米の主治医さんではちょっと心許ない事はご本人が一番分かってると思うので、そういう場合は付けては外しを繰り返して箇所を特定したり、調子の良い車輌から外した部品を移植したり、もちろんセンサー類の抵抗値など個別に比べるなどして修理されるべきです。


どうもミニのインジェクションに関するテスターの有効性がミスリードされてるようで、つないでリセット一発!!は


何の解決にもならないことをユーザーに知らせていません。


今後はミニの車齢も古く、経年劣化による故障も増えると思うので、


テスターで数値を読むことの重要性は増すと思いますが、それで全て解決できると思うのはまちがいです。


他にもいろいろな原因がありますが、ユーザーが自分で確かめることの出来る範囲としてのお話


少し参考になれば幸いです。
  1. 2015/05/20(水) 09:51:22|
  2. ミニの整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

交換したほうが良いと思うわ(尾木ママ風の言い方)

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

そういうわけで、普段から気をつけてることをちょっとだけお話すると


シリンダーヘッドをいじることは普通のオーナーにはないことですが


ローラーロッカーにするだけで効果抜群!みたいな広告にほだされてロッカアームを替える人や


キャブレター派の方は”面研”で圧縮比を上げるメニューを試す人が多いので


その際にはぜひイラストの赤く囲まれたロッカーポストのスタッド4本とナットを新しくしてください。


head.jpg


※1回締めただけでポイ!って言うことじゃなくて、何度か締めたり緩めたりしたものは、という意味です。


この部分は3.2kg.m(25lb-ft)程度の締め付けですが、ナットもスタッドも痛んで規定のトルクを掛けるとスルッとねじ山がダメになる場合が多くあります。


部品とすれば安い物なので、中古良品なら良かろうと、使い回しは、こういう物に関しては避けてください。


こういった箇所の締め付けには最大10kg・m程度のトルクレンチをご使用下さい。


ホイールナット用はお勧めしません。

  1. 2015/08/19(水) 13:13:34|
  2. ミニの整備
次のページ

プロフィール

DHR Garage DOGHOUSE

Author:DHR Garage DOGHOUSE
29年間、バブル期に扱ったイタリアンスーパーカーに始まり、趣味で扱うClassic Miniの専門店・メカニックとして過ごしてきました。英国車全般、特に買収前のロールス・ベントレーの整備や、Aタイプエンジンのチューニングも得意です。レース活動や英国内取引先を通じて得た英国好きの趣味を生かして、Griffin Helmet,Lewis Leathersを始めとしたRockersカルチャーをご紹介できたらと思っています。

最新記事

Street Mini.com

全国有名ミニショップのブログポータルサイトです。

プロショップのブログは内容も濃くてユーザーの情報交換に役立ちます。

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
バイク (5)
ライダース (9)
ヘルメット (22)
wolf leathers (5)
グリフィン (59)
よもやま話 (105)
ducati (1)
MINI (1038)
納めたお車 (6)
コレクション (3)
Rockersなファッション (3)
BMWツインカムコンバージョン (23)
セール情報 (7)
Vortz Cooper formula-R (21)
ERAターボ (4)
DHR-Sprint Mini (46)
MKⅠコンバージョン (6)
セールのご案内 (47)
新製品情報 (283)
クランクケース内圧コントロール (77)
ベンチュリートルクエフェクター (39)
S.E.V Marchal (3)
ミニの整備 (163)
The Italian Job Style (4)
305のようなイベント (2)
3Pロールケージ (17)
スタビライザー (40)
WSC-BSK(Bump Stop kit)  (31)
WSC-RCA (6)
SC社ステンレス製LCB (7)
ロールセンターアダプター (0)
メーターパネル製作 (72)
DHR-RTH(レーシングトーフック) (17)
冷却系の話題 (52)
日曜コラム (5)
DHR Club Sport Package (5)
DHR-RSMD (レーシングダッシュボード) (4)
がっつりキャンバー角の話 (11)
インジェクションエンジン (13)
Super Pro Bushing kit (11)
DHR Ultra Light Alloy Racing Lug Nuts SET (2)
お知らせ (3)
ミニのブレーキ強化のお話 (10)
1400ccエンジン (37)
DHR H-Beam Conrod set (3)
センターメーター装着ミニ用のナビゲーションスタンド (6)
Classic mini Shift Gator (5)
Engine Rocker Cover Art Collection"Spitfire" (6)
インジェクションエンジンのチューニング (36)
Engine Rocker Cover Art Collection"Spitfire" (6)
Race and Track day (6)
ドックハウスYahoo!店 情報 (109)
Team wear (3)
AFC(Air Fuel Controller) (5)
97年~ミニの改善 (9)
MPi(97年~専用)オルタネータークラッチプーリー (3)
Racing Shift Gater (8)
ジャパンミニデイ (46)
Cylinder Head Modify Division (3)
クイックリリースボンネットアダプター (22)
DHR-RBP (3)
コレは買いだ! (7)
プロの仕事 (30)
ミニのドレスアップ (41)
新製品化したいパーツ (13)
DHR4ポットブレーキキャリパー (10)
ライト消し忘れブザーリレー (3)
トランスミッションの作業 (8)
Specialist components wheels (6)
ミニ専門誌STREET MINIの話題 (2)
インジェクションインマニパイプリペアキット (7)
DHR Spi intake funnel (21)
デビルアイ ヘッドライトカバー (25)
DHR Bonnet Raiser (3)
日本仕様インテークマニホールド ウォーターラインパイプキット (4)
FRP製品の輸入 (5)
DHR classic mini ventilator (17)
STREET MIN誌情報 (1)
新連載! 自虐の道をミニと一直線! (25)
日本仕様Spiエンジン用フューエルポンプ リプレースキット (1)
Radford Japan & DHR (7)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebook

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

いろんなミニのブログは

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

QRコード

QRコード