FC2ブログ

クラシックミニで時速100マイル! DHR Garage DOGHOUSE【公式】ブログ

趣味で集めているグリフィンクラブマンヘルメットやヴィンテージレザージャケットの紹介、メイン業務のGarage DOGHOUSEで係わる車やバイクの話題、販売する商品のご紹介など、徒然なるままに書き加えていきます。

皆がきちんと認識しなきゃならないミニの常識①

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

今回から不定期に”ミニの常識”というカテゴリーでブログを書かせていただきます。

先ず今回はファンベルトの張り加減

最近でもFacebookのミニ愛好者サイトでファンベルトの鳴きを何か重大な故障のように取り上げる板が立ちます。

大きく分けて、3つ。

① 96年以前のVベルトでクーラー無し

② 96年以前でクーラー付き

③ 97年以降のリブベルト


ベルト鳴きが起こった場合、どの場合も今以上にベルトを張るしかありません。

①の場合は、オルターネーターの角度で張りを調節します。三日月型のオルタネーターとエンジンをつなぐ部品の取り付けネジを少し緩めて、オルタネーター上部のステーとオルタネーターの隙間にタイヤレバーやそれに準じたものを差し込んでオルタネーターを持ち上げるようにベルトを張ります。ネジを少しだけ緩めればレバーで張っても緩む方向に戻らないので作業も楽です。

②の場合、クーラーコンプレッサーとウォーターポンプ、クランクプーリーを回すベルトと、コンプレッサーからオルタネーターを回す短いベルトの2本。長い方はテンショナーを移動して張ります。この部分でもテンショナーを留めているナットは少しだけ緩めて四角い調整部分を回して張ります。ベルト鳴きの多くはコンプレッサーとオルタネーター間のベルトが原因である場合が多いので、①の方法と同じ様に張ります。

①も②も新品のベルトに替えた場合はそれほど強く張る必要はありません、どんな場合でもベルトがプーリーになじんで少し張りが緩むので、再調整は不可避です。むしろショップにおいて、そういうミニの実情を知らないお客さんからのクレームが嫌でパッツンぱっつんに張るところがありますが、ウォーターポンプへのダメージを与えて水漏れの要因になります。

Vベルトはスリップで粉状に削れて痩せてしまいます。プーリーに食い込むようなら交換時期です。

③のリブベルトの場合でも、Vベルトよりはるかに安定していますが、最低でも20年経ったプーリーです、山がすり減って低くなっています。ベルトが新しい場合は食い込みも良いので鳴きませんが、やはり馴染んだ後でもう一度張りを調節すべきです。

全てのプーリーを一本のベルトで回すのでテンショナーが本当なら国産車のようにバネでオートテンショナーだったらよかったのですが、ミニの場合ベアリングの入った大きめの固定式テンショナーなので、クーラーを入れた時に少し鳴くようなら様子を見て少し張りを強くしてください。

つまり、全てのプーリーが新車時のように新しいものを使わない限り、一発できれいに張ることは困難です。

そういうミニの古さを理解できない人は、古い車に乗るのを諦めてください。

修理に出したのにベルトが鳴くじゃないか、どうなんってんだ?取りに来いだの金返せみたいなことを一言でも言う人は

弊社なら分かるように丁寧に説明して、それでも不満を言う方にはレッドカードですよ。

ミニから降りてください。それがWIN WINだと思います。
スポンサーサイト



  1. 2019/07/24(水) 21:31:48|
  2. ミニの常識

プロフィール

DHR Garage DOGHOUSE

Author:DHR Garage DOGHOUSE
29年間、バブル期に扱ったイタリアンスーパーカーに始まり、趣味で扱うClassic Miniの専門店・メカニックとして過ごしてきました。英国車全般、特に買収前のロールス・ベントレーの整備や、Aタイプエンジンのチューニングも得意です。レース活動や英国内取引先を通じて得た英国好きの趣味を生かして、Griffin Helmet,Lewis Leathersを始めとしたRockersカルチャーをご紹介できたらと思っています。

最新記事

Street Mini.com

全国有名ミニショップのブログポータルサイトです。

プロショップのブログは内容も濃くてユーザーの情報交換に役立ちます。

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (155)
バイク (5)
ライダース (9)
ヘルメット (22)
wolf leathers (5)
グリフィン (59)
よもやま話 (109)
ducati (1)
MINI (1038)
納めたお車 (6)
コレクション (3)
Rockersなファッション (3)
BMWツインカムコンバージョン (29)
セール情報 (7)
Vortz Cooper formula-R (21)
ERAターボ (4)
DHR-Sprint Mini (46)
MKⅠコンバージョン (6)
セールのご案内 (47)
新製品情報 (284)
クランクケース内圧コントロール (82)
ベンチュリートルクエフェクター (39)
S.E.V Marchal (3)
ミニの整備 (164)
The Italian Job Style (4)
305のようなイベント (2)
3Pロールケージ (17)
スタビライザー (40)
WSC-BSK(Bump Stop kit)  (32)
WSC-RCA (6)
SC社ステンレス製LCB (7)
ロールセンターアダプター (0)
メーターパネル製作 (72)
DHR-RTH(レーシングトーフック) (17)
冷却系の話題 (53)
日曜コラム (5)
DHR Club Sport Package (5)
DHR-RSMD (レーシングダッシュボード) (4)
がっつりキャンバー角の話 (11)
インジェクションエンジン (13)
Super Pro Bushing kit (11)
DHR Ultra Light Alloy Racing Lug Nuts SET (2)
お知らせ (3)
ミニのブレーキ強化のお話 (10)
1400ccエンジン (37)
DHR H-Beam Conrod set (3)
センターメーター装着ミニ用のナビゲーションスタンド (6)
Classic mini Shift Gator (5)
Engine Rocker Cover Art Collection"Spitfire" (6)
インジェクションエンジンのチューニング (36)
Engine Rocker Cover Art Collection"Spitfire" (6)
Race and Track day (6)
ドックハウスYahoo!店 情報 (126)
Team wear (3)
AFC(Air Fuel Controller) (5)
97年~ミニの改善 (9)
MPi(97年~専用)オルタネータークラッチプーリー (3)
Racing Shift Gater (8)
ジャパンミニデイ (47)
Cylinder Head Modify Division (3)
クイックリリースボンネットアダプター (23)
DHR-RBP (3)
コレは買いだ! (7)
プロの仕事 (31)
ミニのドレスアップ (41)
新製品化したいパーツ (13)
DHR4ポットブレーキキャリパー (15)
ライト消し忘れブザーリレー (3)
トランスミッションの作業 (8)
Specialist components wheels (6)
ミニ専門誌STREET MINIの話題 (2)
インジェクションインマニパイプリペアキット (7)
DHR Spi intake funnel (22)
デビルアイ ヘッドライトカバー (27)
DHR Bonnet Raiser (3)
日本仕様インテークマニホールド ウォーターラインパイプキット (4)
FRP製品の輸入 (5)
DHR classic mini ventilator (20)
STREET MIN誌情報 (1)
新連載! 自虐の道をミニと一直線! (27)
日本仕様Spiエンジン用フューエルポンプ リプレースキット (2)
Radford Japan & DHR (31)
MK1仕様ダミーヒンジキット (5)
ランニングクラッチプーリー (20)
カスタムグリルマフラー (4)
ミニの常識 (2)
数量限定BMC復刻シリーズ (2)
グリスニップル付タイロッドエンド (2)
DHRグリースニップル付ロングタイロッドエンド (2)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebook

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

いろんなミニのブログは

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

QRコード

QRコード