FC2ブログ

クラシックミニで時速100マイル! DHR Garage DOGHOUSE【公式】ブログ

趣味で集めているグリフィンクラブマンヘルメットやヴィンテージレザージャケットの紹介、メイン業務のGarage DOGHOUSEで係わる車やバイクの話題、販売する商品のご紹介など、徒然なるままに書き加えていきます。

ミニのタペット調整工具

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

普段ミニのタペット調整はエンジンが降ろされた時に行うことがほとんどなんですが


たまにはエンジン搭載の状態でタペット調整が必要になる時があります。


まさかと思いますが、みなさん、ラジエーターファンを手前側に回してタペット調整してませんよね?


ませんよね?


ね?ったらね?



エンジンは時計回りですから、逆に回してはタイミングチェーンの正しい動きに合わせたタペット調整は出来ませんよ。


97年式以降の場合、プラグを抜いて圧縮しない状態にして、オルタネーターに22mmのソケットを入れ、ベルトがスリップする場合はベルトを手で押さえたり、張りを強くしてプーリーを回します。


ところが、96年までのミニはVベルト滑っちゃうんですね。


当たりも付いてスッカスカのエンジンなら97以降と同じやり方も出来ますが、まず無理。


そういう場合はギアを1速に入れて車を押してプーリーを回します。


たぶんこれが一番確実のような気がします。


そこで、写真のような工具を作って使っています。


クランクプーリーのボルトは1-5/16インチ、約33mmです。


その大きなソケットを輪切りにして、鉄板に溶接したものがこれです。


IMG_6227.jpg


IMG_6226.jpg


ラジエーターブラケットとプーリーの隙間を通す為に厚み15mmで作ってあります。加工屋さんが輪切りにしてくれました。


これでいつでもタペット調整が短時間に正確に出来ますね。
  1. 2015/08/19(水) 19:49:41|
  2. ミニの整備

2015年の締めくくり、10万キロ走行のエンジンをリフレッシュ(OH)してみよう

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

中古車を買って、2~3年で走行距離10万キロになったミニオーナーも多いはず

現状で不具合がないようでも、年1万キロ走る方は”乗り方が丁寧”でも確実に消耗は進んでいきます。


2速へのシフトアップはもちろん、シフトダウンでもギア鳴りのあるものは、乗り続けた場合、

おそらくはシンクロ、シンクロと言ってるバルクリングの交換だけでは済まない可能性が高いです。

そうなるとシンクロナイザーハブの交換も必要になってくるので、部品代が追加になってしまいます。


ここでは、マニュアルミッションのOHは必要ないとして話を進めていきます。


ミッションのOHとなれば、基本的なOHパーツセットを使用してメインシャフトとその周辺のベアリング、そしてバルクリングの交換を行う為分解しなければなりません。


エンジン部分に目を向けると、メインメタル、コンロッドメタル、そしてピストンリングなどの消耗と


クランクシャフトの曲がりや偏磨耗をチェックします


10万キロ無交換なら迷わず変えてしまいます。使用状況によりクランクシャフトに曲がり(振れ)があったら、メインジャーナルを研磨して芯だしした後、オーバーサイズメタルに換えれば確実にスムーズさが増すはずです。


ピストンはクリアランスの増加がある場合、オイル管理の不備が原因です。


そうでなければピストンリングの交換で問題ありません


むしろ以前書いたように、ピストンの溝の掃除が大切です。


これについても以前触れましたが、タイミングチェーンの樹脂製テンショナーがチェーンの当たりで出来た溝から裏側の補強部分まで消耗していたら、最悪チェーンを切ります。スポーツ走行の多いものもおそらくその部分の消耗が激しいはずです。


ヘッドについては、バルブステムのガタがなければ、バルブ裏の清掃とシールの交換、バルブのすり合わせをしっかり行えば圧縮も回復してエンジンの調子もよくなります。


これについても仕上げの段階でシリンダーリークテスターを使ってチェックですね


あとはクラッチの交換くらいで、旧タイプならプランジャーとレバーも換えたいですが、インジェクションモデルなら洗浄してレバーアームの先端のタマタマ?の具合をチェックすればいいでしょう。


ここに挙げた事例はあくまでも軽症な10万キロエンジンのメニューです。


おっと!デフのOHは必至ですね。


実際に明日以降エンジンをばらして径過を伝えたいと思います。


私は軽微な整備で5万キロ持ってくれば良いくらいに作業するのが費用対効果に合ってる考える方です


この先10キロまでOK!みたいなエンジン作るなら、新車のエンジン積むか、まったく別のメニューで臨む事になります


そういう脅迫みたいな過剰の整備しても、オーナーが10年で10万キロ乗らなきゃ意味がないでしょうからね。


2015年の締めくくりはチューニングじゃなくて


ごく当たり前の何でもない、毎日乗れるエンジンに戻す作業で締めくくります。


  1. 2015/12/15(火) 23:34:34|
  2. ミニの整備

10万キロ走行のエンジンをリフレッシュ(OH)してみよう 分解編

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

分解するのはあっという間で、せいぜい1時間ほどです。


分解の途中で必ず確認するのはタイミングチェーンカバー内部


IMG_3905.jpg


すごくきれいでした。知る限り上等なオイルを定期的に交換していたので、さらみたいに見えます。


それでもテンショナーにはチェーンの擦れた大きな凹みが出来ています。テンショナーだけ交換ですね。


IMG_3906.jpg


フライホイールも一度脱着を受けています。緩み止めのタブの折り返しが1回分あるでしょ?

これについては私が行ってるので事情も分かっています


IMG_3907.jpg


IMG_3909_20151218175947515.jpg


フライホイールを外して、ミッションとエンジンを分離して、コンロッドのキャップを外してピストンを全てシリンダーから抜き、メインベアリングの状態を確認します。


文字にすれば、こんなもんです。


メインベアリングは普通ならまだ交換しません。


この程度なら続行可能。画像のエンジンは走行が6万キロのエンジンなので、メタルもこういう状態です。


10万キロ走って入ればメタルの片側が減って茶色い下地が見えるくらいになってる事が多いです。


なぜかと言うと、わずかですがクランクシャフトの曲がりが出てるからです。


そういう場合は、ジャーナルの直径を測って、クリアランスをチェックします。


クリアランスが規定値範囲なら、新しいメタルに入れ替えます。


今回写真はありませんが、コンロッドのメタルは以前交換していたのできれいなままでした。


次はピストンのチェックです。


  1. 2015/12/18(金) 21:20:28|
  2. ミニの整備

10万キロ走行のエンジンをリフレッシュ(OH)してみよう ブロック編

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

今日からクリスマスムードも盛り上がるハズですが


こっちはせっせと朝から整備です。


昨日分解したエンジンのシリンダーをリフレッシュします


IMG_3915.jpg



砥石がぶどうの房みたいについたものをブロックに入れて、上下に動かしながらシリンダーの表面に筋目を入れます


回転させる速さとか、上下に動かす速さを加減しないと、傷が深かったり、縦方向に傷が入るので、気をつけます


良い感じでシリンダー内部も仕上がりました。


IMG_3918.jpg


この後は、ウォーターポンプ側に着いたガスケットカスや汚れを落として、ブロックごと洗浄台に載せてせっせと洗います。
  1. 2015/12/19(土) 09:39:41|
  2. ミニの整備

バランス!?

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

ブログをお読みいただいてるお客様からのお電話で、


用事の終わった頃を見計らってご質問をいただきました。


バランス!?


確かによく出てくる言葉で、バランス取るとエンジンが軽くスイスイ回るような書き方してるショップのブログが多いので


ニュアンスとしては”そんなに変るんですか?”みたいなお問い合わせでしたが、


逆にノーマルのままなら、気になるようなアンバランスさがあるかというと、ノーです


ミニはエンジンの設計が古いから、バランスの取れてない旧式な印象がありますが


実は自動車の世界では、同一車種で長く生産されたエンジンは、僅かづつでも改良が加えられて、又、無駄な贅肉がついてるように見えるエンジンであっても、案外きれいにバランスが取れてるものです。


ですから、クランクシャフトとその周辺の構成がノーマルのままなら、


それ以上に良くなる事を望んでのバランス取りは、費用掛けても差がない感じがします。

確かに部分的にウエートを削ったりされて帰ってきますが、組んでしまうとそれほど差がないケースがほとんどです。

クランク自体のウエートが重いエンジンは、長い歴史に安定した重量配分が”勘”で調整されています。

経験上こういう言い方しか出来ませんが、そう思いますよ。


ただし、純正以外の削りだしクランクシャフトを使う場合は、ダイナミックバランス取ったほうがいいと思います

要は純正クランクシャフトはそれ自体いじるな!って事です。

たまに軽量化してる物を見ますが、

確かに重量が減っていれば有利です。ただ、それは一発レース用で、

回すと折れます。

クランクシャフト折れる場合は、何がしか不要な加工を施してる、んじゃないかと思いますけど。


クランクシャフトが何と言いますか、大雑把であることで、コンロッドやピストンによる軽量化が加えられても

案外上手く回ってくれるのがミニのエンジンです


バランスを取ったらコ~ン!て回りますよ~

というのは、デパ地下のエスカレーター付近で売られてる

鍋や包丁の実演販売オヤジの話しみたいなものと同じです(爆)

  1. 2015/12/19(土) 23:11:51|
  2. ミニの整備
前のページ 次のページ

プロフィール

DHR Garage DOGHOUSE

Author:DHR Garage DOGHOUSE
29年間、バブル期に扱ったイタリアンスーパーカーに始まり、趣味で扱うClassic Miniの専門店・メカニックとして過ごしてきました。英国車全般、特に買収前のロールス・ベントレーの整備や、Aタイプエンジンのチューニングも得意です。レース活動や英国内取引先を通じて得た英国好きの趣味を生かして、Griffin Helmet,Lewis Leathersを始めとしたRockersカルチャーをご紹介できたらと思っています。

最新記事

Street Mini.com

全国有名ミニショップのブログポータルサイトです。

プロショップのブログは内容も濃くてユーザーの情報交換に役立ちます。

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (156)
バイク (5)
ライダース (9)
ヘルメット (22)
wolf leathers (5)
グリフィン (59)
よもやま話 (114)
ducati (1)
MINI (1038)
納めたお車 (6)
コレクション (3)
Rockersなファッション (3)
BMWツインカムコンバージョン (30)
セール情報 (7)
Vortz Cooper formula-R (21)
ERAターボ (4)
DHR-Sprint Mini (46)
MKⅠコンバージョン (8)
セールのご案内 (47)
新製品情報 (286)
クランクケース内圧コントロール (82)
ベンチュリートルクエフェクター (39)
S.E.V Marchal (3)
ミニの整備 (179)
The Italian Job Style (4)
305のようなイベント (2)
3Pロールケージ (17)
スタビライザー (40)
WSC-BSK(Bump Stop kit)  (32)
WSC-RCA (6)
SC社ステンレス製LCB (7)
ロールセンターアダプター (0)
メーターパネル製作 (72)
DHR-RTH(レーシングトーフック) (17)
冷却系の話題 (53)
日曜コラム (5)
DHR Club Sport Package (5)
DHR-RSMD (レーシングダッシュボード) (4)
がっつりキャンバー角の話 (11)
インジェクションエンジン (14)
Super Pro Bushing kit (11)
DHR Ultra Light Alloy Racing Lug Nuts SET (2)
お知らせ (3)
ミニのブレーキ強化のお話 (10)
1400ccエンジン (37)
DHR H-Beam Conrod set (3)
センターメーター装着ミニ用のナビゲーションスタンド (6)
Classic mini Shift Gator (5)
Engine Rocker Cover Art Collection"Spitfire" (6)
インジェクションエンジンのチューニング (42)
Engine Rocker Cover Art Collection"Spitfire" (7)
Race and Track day (6)
ドックハウスYahoo!店 情報 (144)
Team wear (3)
AFC(Air Fuel Controller) (5)
97年~ミニの改善 (9)
MPi(97年~専用)オルタネータークラッチプーリー (3)
Racing Shift Gater (8)
ジャパンミニデイ (57)
Cylinder Head Modify Division (3)
クイックリリースボンネットアダプター (23)
DHR-RBP (3)
コレは買いだ! (7)
プロの仕事 (31)
ミニのドレスアップ (41)
新製品化したいパーツ (14)
DHR4ポットブレーキキャリパー (24)
ライト消し忘れブザーリレー (3)
トランスミッションの作業 (8)
Specialist components wheels (10)
ミニ専門誌STREET MINIの話題 (2)
インジェクションインマニパイプリペアキット (7)
DHR Spi intake funnel (22)
デビルアイ ヘッドライトカバー (28)
DHR Bonnet Raiser (3)
日本仕様インテークマニホールド ウォーターラインパイプキット (4)
FRP製品の輸入 (5)
DHR classic mini ventilator (21)
STREET MIN誌情報 (4)
新連載! 自虐の道をミニと一直線! (27)
日本仕様Spiエンジン用フューエルポンプ リプレースキット (2)
Radford Japan & DHR (34)
MK1仕様ダミーヒンジキット (5)
ランニングクラッチプーリー (22)
カスタムグリルマフラー (9)
ミニの常識 (2)
数量限定BMC復刻シリーズ (3)
グリスニップル付タイロッドエンド (3)
DHRグリースニップル付ロングタイロッドエンド (2)
WURTH(ウルト)社製品 (2)
クラッシクミニ馬力甲子園 (2)
スイベルハブボールベアリング (5)
SBoMな話 (2)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebook

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

いろんなミニのブログは

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

QRコード

QRコード